年々需要が高まっている介護職|デイサービス経営時の注意点とは

男女

資金調達が重要

カウンセリング

整骨院を開業すると決めたのであれば、やるべき事が沢山あります。とくに重要となるのは資金調達ですが、腕の良い税理士に任せれば安心です。十分な環境を整え、顧客に満足してもらえるような整骨院を目指しましょう。

目的別の運用プラン

ドクター

小口の資金からスタートするのが、資産運用が初めての医師に適した方法であり、証券会社で取り扱っている金融商品が最適です。クリニックの開業資金に加えて、引退に向けて資産を形成するのが理想的であり、ファイナンシャルプランナーのアドバイスが役立つでしょう。

訪問リハビリを提供

施術

からだ元気治療院は高齢者や身体障害者に訪問リハビリ・機能訓練などを提供するサービスです。フランチャイズは充実した研修制度と各種サポート制度を備えており、まったく経験のない方でも参入できるのが特徴です。

介護事業を起こすまで

介護士と老人

高齢化の影響から介護事業への関心が高まると同時にデイサービスの経営に挑戦したい人が増加しています。それではデイサービスを経営するためにはどのようなことが必要になるのでしょうか。実際に開業し経営をしていくまでの間には実に様々な作業や手続きが必要となります。まずは物件の選定です。どこでデイサービスを始めるのかを検討します。場所は集客において非常に重要な要素であるため費用だけで決めてしまわないように注意しましょう。次に法人格の取得です。デイサービスの場合は株式会社だけでなくNPO法人や社会福法人などがあります。また法人格を決めるためには事業計画書を作成しておく必要があるので準備しましょう。そして実際に施設の工事着工に入ります。工事は業者に依頼します。介護を専門にしている工事着工業者もあるのでそれを利用すると良いでしょう。また工事着工と並行してスタッフの募集を行います。スタッフの募集には様々な方法がありますがハローワークの利用が便利です。また工事が終わるまでにデイサービスの指定申請と開業に必要な書類作成を済ませましょう。開業に必要な書類は業務内容によって異なりますが契約書や社内マニュアルなどを用意しておく必要があります。そして、工事の終了、スタッフ募集、手続きの申請が完了できたらいよいよ開業です。しかし最も大切なことは開業そのものではなく経営です。残念ながら開業したとしても必ずしも成功するとは限りません。良いサービスを提供し、利用者から信頼されるデイサービスを行っていくためには、優れた経営が必要です。開業の作業も大切ですが、それと同時に経営の勉強にも力を注ぐようにしましょう。