年々需要が高まっている介護職|デイサービス経営時の注意点とは

レディ
  1. ホーム
  2. 目的別の運用プラン

目的別の運用プラン

ドクター

近い将来にクリニックの経営を開始する予定の医師が興味を持っているのは、開業資金の確保に役立つ資産運用です。しかし預貯金を中心に財産を形成してきた医師にとっては、資産運用に必要な基礎知識を身に着けることが、すべての出発点です。最初は小口の資金からスタートするのが、財産を形成する最善の方法であり、証券会社の商品ラインナップが役立つでしょう。証券会社で購入可能な金融商品の中でも、とりわけ資産運用が初めての医師に適しているのは、投資信託や株式の個別銘柄です。投資信託は月々積み立てられるのが魅力であり、バランス型のファンドを活用すると、開業資金も計画的に準備できるでしょう。しかし更に運用効率を高めたいときには、財務状況が良好で将来性も期待できる、個別銘柄への投資が最適です。配当利回りや時価総額などの指標を参考にして、投資に適した銘柄を数種類程度に絞り込むのが、株式で効率的に資産を運用するコツです。またクリニックを開業した後は、医師の仕事をリタイアした時に備えて、早めに十分な資金を確保することが重要なテーマです。確定拠出年金などの税制面で有利な制度を活用するのが、老後に向けて医師が資産運用を行う場合の最善の方法です。日常的に診療や経営で多忙な医師には、煩雑な手続きが不要で効率的に運用できる、シンプルな金融商品が手ごろです。独立系のファイナンシャルプランナーも活用して、目的別にアドバイスを受けることで、効率的に資産運用が行えるでしょう。